TVアンテナ工事に最適な時期~アンテナの寿命は10年~

アンテナの寿命~換えるタイミングはいつ?~

アンテナの耐久年数はどのくらい?

一般的にアンテナの寿命は10年と言われています。10年以上経過すると故障する割合も増えるため、メンテナンスを行ないましょう。また、住んでいる地域が海に近いエリアでは、錆が酷くなりますので、10年経たずに故障してしまうこともあります。定期的に確認しましょう。

故障かな!?と思ったときの確認手順

家中のテレビが映らないのか確認

複数テレビがあるときは、他のテレビを確認してみましょう。もし、すべてのテレビが映らないときは、アンテナに問題が発生している可能性があります。1台でも映れば、ケーブルや接触不良が考えられます。

アンテナの角度を確認

屋外に設置しているアンテナは、強風で角度が変わることがあります。外に出て目視でアンテナの角度を確認してみましょう。もし傾いたり倒れていたりすると、アンテナ工事を行なっている業者に直してもらう必要があります。

アンテナ本体は正常か確認

アンテナは落雷や積雪で本体が破損してしまうケースも稀にあります。自分で修理・交換を行なうと、アンテナの落下事故や転落事故に繋がります。破損しているかの確認も併せて修理業者に連絡しましょう。ちなみに自然災害が原因で破損した場合は、火災保険が適用されることもあります。

交換を依頼するなら繁忙期は避けよう

案内する業者の方

アンテナ工事を行なっている業者には繁忙期があります。引っ越しや転勤が多くなる3月~4月と9月~10月がそうです。この時期は、なかなか予約することができませんし、通常よりも高い料金設定になっています。そのため、交換を予定している方は、繁忙期を避けた方が賢明です。依頼しやすい時期だと、少ない予算でスムーズにアンテナの交換工事を行なってもらえるからです。

TOPボタン