TVアンテナ工事をするなら電磁波対策が必須!電磁波から子どもを守る

日本は電磁波に対する危機感が低い?~電磁波に囲まれた生活~

TVアンテナの電磁波

近年、液晶テレビやプラズマテレビが人気ですが、TVアンテナは電磁波を発生しています。TVアンテナが発している電磁波の量は約20mGです。微弱な電磁波しか発してないため問題ないとされてきましたが、発がんのリスクを高めるという研究データもあります。人体にどのくらい影響を与えるのか把握しておきましょう。

電磁波が人体に与える影響

テレビからは多くの電磁波が出ていると聞きました。子供の身体への影響は心配ないのでしょうか?
TVアンテナ以外にも、一般的な家電製品は微弱な電磁波を発しています。そのため、日常生活をしているだけで、電磁波を浴び続けています。1987年にアメリカで行なわた研究のデータによると、2mG以上の電磁波を浴び続けると、小児白血病が1.93倍、小児筋肉腫瘍が3.26倍になると報告されています。大人よりも子どもが電磁波の影響を受けやすいようです。免疫力の弱い子どもがいる家庭は、家電製品から距離を取るなどして電磁波対策をした方がいいかもしれません。

安心してテレビを見る~電磁波対策グッズを活用~

最近では電磁波から子どもを守るために、「電磁波対策グッズ」が注目されています。家庭の電磁波を正確に測定するための機器や、TVアンテナが発している電磁波を弱めてくれるシールドなどが、ホームセンターや通販サイトでも販売されています。中でも人気商品が「電磁波シールド材」と「シールド生地」です。テレビ本体に貼るだけで電磁波を抑えることができる商品です。低価格で子どもを電磁波から守ることができる商品なので、健康状態を維持することができます。TVアンテナの取り付け工事を予定している方は、「電磁波対策グッズ」も併せて活用することで、家族でよりテレビを楽しめるでしょう。

TOPボタン